塚本利政

17.tukamoto2015_225.300

夢と誇りの持てる安心して暮らせるまちへ

 本市の抱える人口減少や少子高齢化、特に厳しい財政状況を目の当たりにし、その深刻な状況は未だかつてない危機に直面しているものと痛感しております。
同時に何としてもこの危機を乗り越え「夢と誇りの持てる安心して暮らせるまち」を実現していくことが私たちの使命であるとも考えております。
そのような厳しい状況の中であっても、まちづくりの道筋を示す羅針盤として、極めて重要な計画「新総合計画」の策定を進めるとともに、その先行版として「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の策定にも取り組んでまいります。
市民の皆様の多くのご意見を伺いながら地域の活力や魅力の向上、安心して生活できる地域づくりや安全で快適な都市機能の強化し、子育て・教育・文化の向上や女性の活躍推進を進める近未来へと歩んで参ります。〝今すぐできる事から一つひとつ着実に進めたい〟当初のスローガン通り、ポジティブに政策を実現しこの難局を乗り切ってまいります。

 

―副議長あいさつ―

 昨年6月に第50代市原市議会副議長を拝命し、はや半年が経過しました。 思い起こせば、平成19年6月 市政へ志をもって立候補、初当選いらいこれまで一議員としてその思いを市政にぶつけて活動してまいりました。 この程3期目に入り、副議長として議長を補佐し議会全体を把握しながら円滑な議会運営を遂行してまいります。
 また、我が市民クラブ出身の小出市長と連携し、市民の声を市政に反映させるべく、調整に心を砕く日々を過ごしてまいりましたが、本年も、副議長職をお任せ頂きました、市議会、市民の皆様に心より感謝し、全力で市政運営に取組みますことを皆様にお誓い申し上げます。
 本年は、市原市の中長期的な将来計画である総合計画や国の地方創生事業に関して、市原版総合戦略が策定されます。折しも小出市政が2年目に入り、小出カラーが打ち出されてくることと思いますので、多くの市民の皆様の声を聴きながら、市民クラブは皆様の声を政策に反映してまいりたいと思います。
 市民クラブは本年も市政発展のため、志をもって積極的に政策を提案してまいりますので、どうぞ、皆様の声を市議会、そして、市民クラブにお寄せください。